注視も禁止

運転中に携帯電話の使用が禁止されていることは、多くの人が知っていることと思います。
しかし、意外と知られていないのが、「保持」も禁止であるということです。
私の知り合いの中でも2人も「保持」で罰則を受けた人がいます。
メールの受信音が鳴ったら、ついついスマホが気になって手に取ったり、メールのチェックをしたりなんてことはありませんか?
実は、これも歴とした交通違反となるのです。
携帯電話使用(保持)、減点数1点、反則金は普通車で6,000円です。
保持が何を指しているのかは明示されていませんが、スマホの画面を注視しただけでもNGということですから、運転中にスマホはカバンの中にしまっておいた方がいいかもしれませんね。
どうしてもスマホを使いたい場合は、安全な場所に車を止めてから、使用するようにしてください。
但し、赤信号中のみの保持だとしたら、罰則を受けることはないそうですが、いつ青になるか分からない常態で使用するのは非現実的ですよね?
安全面から、赤信号中のスマホ使用も避けた方がよさそうです。
また、イヤホンマイクなどに関しては、条例で禁止している地域もありますので、ぜひ自分の地域がどうなのか、調べておくことをおすすめします。

Post 注視も禁止 , published in a section 未分類 labeled: . Publication date: 02.12.2015, last updated: 02.12.2015. Subscribe to comments on article: コメントフィード.

Post a Comment