ゲームのために購入したいスマホとして有名「SONY Xperia 5 II」

“ゲーミングスマホと呼ばれる、アプリゲームプレイに特化されているスマートフォンは数多くありますが、価格を調べると5~13万円もするスマートフォンが多いため、人によってはゲーミングスマホの購入をあきらめてしまうケースも少なくありません。
ですが、理想により近いゲーム環境のゲーミングスマホを購入することは、今であれば不可能ではなくなってきました。というのも、SONY Xperia 5 IIのような安くて使いやすいスマートフォンが増えてきたからです。
SONY Xperia 5 IIは、「リフレッシュレートが120Hz」となっておりますので、ゲーミングスマホに求められているスペックのうち、特に重要なリフレッシュレートに問題を抱えていません。リフレッシュレートとは、映像のなめらかさを表すワードです。たとえば、今ではFPSと呼ばれるシューティングゲームのためにゲーミングスマホを購入する人が増えてきました。ですが、ゲーミングスマホと呼ばれるスマートフォンでさえも、実はリフレッシュレートに倍近い差があることが、今では知られるようになってきたのです。
実際に、FPSなどで有用とされるリフレッシュレートは「90~144Hz」とされているので、SONY Xperia 5 IIがいかに高いリフレッシュレートを得ているかよくわかります。
ちなみに、さらに高いリフレッシュレートを持つゲーミングスマホの場合、200Hzを超えるものも存在する・・・のですが、価格が10万円以上するためオススメすることができません。そのほかにも、ゲーミングスマホを選ぶうえで機能面も学習しておかないといけないため、高価なゲーミングスマホのほとんどはライトユーザー向けではない要素が多いのです。
しかも、たったの1年で価格が半値になってしまうゲーミングスマホまであるので、高いゲーミングスマホは性能面が長く評価される・・・ケースは多くありません。
SONY Xperia 5 IIの詳細スペックですが、「サイズが6.1インチ、ストレージ容量は128GB(microSDありで最大1TB)、RAMは8GB、バッテリー容量は4,000mAh、おサイフケータイ機能あり、防水防塵機能あり、認証システム搭載、ゲーミングスマホ用のエンハンサー機能あり、5G対応モデル、本体サイズは約68×約158×約8.0mm、重量は約163g」となります。
よくゲーミングスマホというと、SONY Xperia 5 IIに搭載されているようなゲームエンハンサー機能が出てきます。こちらについては、ゲームプレイ中に余計なアプリの動作を制御してくれるもので、ゲームプレイをやめると「通常のスマートフォン同様に動かせる」という高度な機能です。
しかしSONY Xperia 5 IIの場合、ゲームエンハンサー搭載で価格も平均より安いため人気となっています。ほかのゲーミングスマホとSONY Xperia 5 IIを比較する場合も、スペック、機能面を比較することで、SONY Xperia 5 IIがいかにすぐれているかよくわかることでしょう。”

Read next article ゲームのために購入したいスマホとして有名「SONY Xperia 5 II」 , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

高人気で安定した性能を誇る「OPPO A54 5G」

“売れ筋のスマートフォンの中でも、特に評価の高いモデルを探している場合であれば、「OPPO A54 5G」がオススメです。
OPPO A54 5Gの特徴をシンプルにまとめると、「5G対応モデル、大容量バッテリー搭載、ハイスペックなスマートフォン」となりますので、価格が安い以外にとりえがないスマートフォンではありません。また、少し古いスマートフォンのモデルでは、価格が安いだけでバッテリー容量が少ない、もしくは、スペックに難があるスマートフォンは多く・・・、しかも、今でも高評価を得ているスマートフォンが存在します。このようなスマートフォンは過去の情報が更新されずに残っているため、OPPO A54 5Gのように発売日が最新のモデルかチェックしたほうが無難でしょう。
OPPO A54 5Gの詳細スペックですが、「サイズが約163mm×75mm×8.4mm、重量は約190g、ディスプレイサイズは約6.5インチ(FHD+)、カメラはメイン:約4,800万画素+約800万画素+約200万画素+約200万画素、サブ:約1,600万画素」となります。注目してほしいポイントは、OPPO A54 5Gは重量が200gを切っている「軽量モデル」であるところと、ディスプレイにFHD+と呼ばれる新しいディスプレイが採用されているところでしょう。このような現行トレンドを理解した作りになっているため、OPPO A54 5Gは人気なのです。
OPPO A54 5Gの処理性能ですが、「バッテリー容量が5,000mAh、CPUはSnapdragon 480 5G Mobile Platform 2.0GHz/2コア+1.8GHz/6コア、ストレージ容量は64GB」となります。OPPO A54 5Gのように格安のスマートフォンの場合、バッテリー容量が少ない、CPUが古いケースはよくあるので注意してください。ほかにもストレージ容量が少なく、役立つ機能がそろっていないケースもあります。
しかしOPPO A54 5Gは機能面も優秀で、「5G対応モデル、大容量バッテリー搭載、急速充電機能あり、カメラの解像度が最大4,800万画素と高解像度、夜間でも使えるウルトラナイトモード採用」となっているので、ミドルレンジモデルのスマートフォンの中でも特に売れ筋であることに納得できるでしょう。
OPPO A54 5Gのようなスマートフォンは探せばあるのですが、最近になってミドルレンジモデルのスマートフォンを開発、提供するようになったケースもあります。そのため、ユーザーレビューが高いスマートフォンが欲しい場合は、OPPO A54 5Gを選択したほうが無難でしょう。
OPPO A54 5Gの具体的な価格ですが、調べてみたところ「新規で12,265円、他社からの乗り換え(MNP)は6,765円」で提供されています。近年では、OPPO A54 5Gのような価格のスマートフォンも増えてきました。ですがOPPO A54 5Gは、そんなコストパフォーマンスが高いスマートフォンのパイオニアでもあるので、今のような人気を得ているのです。”

Read next article 高人気で安定した性能を誇る「OPPO A54 5G」 , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

第3世代「iPhoneSE」は発売当日から1円で売られているって本当?

“2022年3月18日に発売された第3世代「iPhoneSE」は発売当日から1円で売られていることが話題となっています。ではなぜiPhoneSEは発売当日から1円で売られているのでしょうか?その謎に迫ってみましょう。
【iPhoneSEが1円で売られているって本当?】
2022年3月18日に発売がスタートしたiPhoneSEは、家電量販店で、1円で売られています。ソフトバンクの売り場など複数の量販店で似たような条件で、3月末までセールを実施しているケースが多いようです。1円で購入できるにはいくつかの条件があります。
対象は第3世代のiPhoneSEで、最も安い64GBモデルでソフトバンク版の本体価格は67,680円(税込み)で販売されています。このモデルのApple直販価格は税込み57,800円なのですが、これが一括0円となる安さです。
最近はスマホ本体を一定期間後に返却することで割引を受けられる残価設定型のプログラムが人気を集めていますが、この0円のiPhoneSEは、通常の端末購入となっておりえ、本体を返却する必要もなし。
割引の内訳は、「新規・乗り換え(MNP)/機種変更・端末購入」で45,679円、「乗り換え」または「5~30歳の人による新規契約」で指定プランに加入すると22,000円の割引となります。合わせて67,679円が値引きされることになるので、一括1円です。
他キャリアからの乗り換えはもちろんですが、新規契約であっても「5歳~30歳の人」であれば対象となります。ソフトバンクでは他の機種でもU30向けにキャンペーンを実施していて、親が子供のために契約する場合でも対象になるのです。
また、乗り換えにおいては「ワイモバイルやLINEMOからの乗り換え」も対象。ソフトバンクではメインバンクの回線数が伸び悩んでいることから、このiPhoneSEをきっかけにメインブランドへ戻ってきてほしいという思惑があるようです。
【iPhoneSEを0円で購入する際には指定プランに加入しなければならない】
iPhoneSEを0円で購入するにあたって、加入を求められる「指定プラン」は、月額7,238円の無制限プラン「メリハリ無制限」か、「スマホデビュープラン」となります。スマホデビュープランは、今までガラケーを使用していた方や、子供など初めてスマホを使う人向けのプランです。
iPhoneSEを0円で購入するには「1人1台限り、開封して電源が入ることを確認する」ことが条件となっており、転売対策もしっかりと行っています。”

Read next article 第3世代「iPhoneSE」は発売当日から1円で売られているって本当? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「HONOR Magic4 Pro」とは?

“スマートフォンでダウンロードしていて途中で止まったり遅かったりしてイライラすることがあります。
しかし、超高速ダウンロードできる5Gスマートフォンであればストレスなく終わらせることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「HONOR Magic4 Pro」という5Gスマホがあり、負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUや高い画素数を生かして幅広いシーンに応える高性能カメラ、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーやどの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約142000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約215gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ゴールド、オレンジ、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2848×1312でアスペクト比19.5:9の約6.81インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは100Wの急速充電や100Wのワイヤレス充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen 1 SM8450 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約6400万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(Magic UI 6.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやデュアルステレオスピーカー、防水防塵(IP68)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Read next article 5G対応スマホの「HONOR Magic4 Pro」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

全年齢から支持されている優秀なスマホ「Galaxy A53」

“あらゆる面に優れたスマートフォンを探している場合、Samsungのgalaxyシリーズがオススメです。また、すぐにでもSamsungのgalaxyシリーズの中でオススメのものを購入したい人には、「Galaxy A53 5G」をオススメしているサイトなどが多いです。というのも、Galaxy A53 5Gにはgalaxyシリーズならではの利点が盛りだくさんとなっている、優秀なスマートフォンだからです。
そもそもgalaxyシリーズと、一般的なスマートフォンとの大きな差は「処理性能、カメラ性能、バッテリー容量」の3点です。一般的なスマートフォンの場合、これらのどれかが高いことを謳っていることが多いため、それを信じて購入されたユーザーが、性能不足など期待にそぐわなかった・・・という理由で、「別のスマートフォンに買い替える」ケースが少なくありません。
しかしGalaxy A53 5Gには歴史があり、今までのgalaxyシリーズが軒並み高評価となっているため、安心して購入できるという最大の特徴があるのです。なので、スマートフォンは購入したいけれど、ほかのものよりもハイスペックなだけでなく、多機能であるものを購入したい人は、なかなかGalaxy A53 5Gよりよいものは見つからないかもしれません。Galaxy A53 5Gは、それほどの性能をもっているスマートフォンとして支持されているのです。
具体的な特徴としては、Galaxy A53 5Gは「5G対応モデル」、「アウトカメラが広角・超広角・深度測定カメラ・マイクロカメラの4眼カメラ構成」となっているモデルです。ちなみに、今では売れ筋となっているスマートフォンの多くは、4眼ではなく3眼であることを知っていると、いかにGalaxy A53 5Gが特別なのかがよくわかります。
また、4眼でGalaxy A53 5Gと似たような性能を有するスマートフォンの場合、ハイスペックスマートフォンに分類されるため、安いものでも7万円をギリギリ切るかどうかという価格設定になっています。しかしGalaxy A53 5Gは、スマホおかえしプログラムなどキャンペーン適用によって、「3万円台で購入できる」コストパフォーマンスが高いスマートフォンなのです。今では中華スマホなど、3万円を切るスマートフォンも増えてきましたが、Galaxy A53 5Gは前述のとおり長い歴史と信頼があるので、今でもgalaxyシリーズは飛ぶように売れている状況です。
なによりGalaxy A53 5Gは、「画面占有率約90%、ディスプレイサイズが約6.5インチ」のモデルとなっているので、写真や動画を迫力のあるものにしたい人にとっては、Galaxy A53 5Gを超えるスマートフォンはなかなか見つからない実情があります。
しかもGalaxy A53 5Gはスペック的にもムラが少なく、「CPUがQualcomm® Snapdragon™ 765G 5G Mobile Platform 2.4GHz/1+2.2GHz/1+1.8GHz/6、RAM(メモリ)は6GB、ROM(ストレージ)は128GB」です。3万円台で購入できるスマートフォンのほとんどは、CPUが同性能であってもRAMが3GBのようなケースもあるので注意してください。
さらにGalaxy A53 5Gは、「バッテリー容量が4,500mAh、防水・防塵性能ありで防水機能:IPX5/IPX8、防塵機能:IP6X、生体認証ありで顔・指紋に対応」となっています。”Galaxy A53 5G メーカーページ

Read next article 全年齢から支持されている優秀なスマホ「Galaxy A53」 , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「Xiaomi Mi 11 Ultra」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンは多くのデバイスへの同時多接続が可能ですのでlotの普及にも役立っています。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 11 Ultra」という5Gスマホがあり、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、ストレスなく楽しめる高性能CPUや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約10万円でRAM12GB/256GBモデルが約109000円でRAM12GB/512GBモデルが約117000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約234gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはセラミック、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度3200×1440でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは67Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応していますので快適に楽しめるでしょう。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約4800万画素+望遠レンズがついた約4800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Read next article 5G対応スマホの「Xiaomi Mi 11 Ultra」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「vivo iQOO Neo5」とは?

“5Gは4Gよりも低遅延になりますので遠隔手術やロボットの遠隔操作、自動運転などの技術にもいかすことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo iQOO Neo5」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBが約42000円でRAM8GB/256GBが約46000円でRAM12GB/256GBが約51000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、オレンジ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、レーザーオートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS for iQOO)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”東京2020いよいよ今日からです。Samsung Galaxy Gold Partner of the Tokyo 2020 Olympics

Read next article 5G対応スマホの「vivo iQOO Neo5」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「vivo V20 Pro 5G」とは?

“5Gは4Kや8Kなどの高解像度の動画配信や自動運転、遠隔操作を利用した遠隔医療などでも活用されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo V20 Pro 5G」という5Gスマホがあり、色鮮やかな映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリー、重たい動作でもサクサク動く高性能CPUや綺麗な写真が簡単に撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約5万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.3ミリ、重さ約170gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはMoonkight Sonata、Midnight Jazz、Subset Melodyの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素+約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正、LEDフラッシュ、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Read next article 5G対応スマホの「vivo V20 Pro 5G」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「Xiaomi Mi 10i」とは?

“5Gスマートフォンは4Gスマホよりも動作が高速になりましたし、より大量のデータを高速でダウンロードできるようになりましたので、動画やオンラインゲームなどを誰でも快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 10i」という5Gスマホがあり、重たい動画視聴やオンラインゲームでもサクサク動く高性能CPUや長期の旅行でも安心して使用できる大容量バッテリー、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイや高性能センサーがついた高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/64GBモデルが約3万円でRAM6GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/128GBモデルが約34000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約214gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパシフィックサンライズ、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4820mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass5を採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 750G SM7225 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Read next article 5G対応スマホの「Xiaomi Mi 10i」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »

5G対応スマホの「POCO F2 Pro」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンは超高画質動画でも素早くダウンロードすることができますし、オンラインゲームでも安定した接続によって快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで発売されていますが、その中の一つに「POCO F2 Pro」という5Gスマホがあり、動画などを迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリー、重たい動作でもサクサク動く高性能CPUや思い通りの写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約59000円でRAM8GB/256GBモデルが約7万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約209gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、グレー、ブルー、ホワイトの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはgorilla glass5を採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Read next article 5G対応スマホの「POCO F2 Pro」とは? , published in the section 未分類 labeled : . Subscribe to comments on article: コメントフィード.View all posts by admin »