5G対応スマホの「vivo iQOO Neo5」とは?

“5Gは4Gよりも低遅延になりますので遠隔手術やロボットの遠隔操作、自動運転などの技術にもいかすことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo iQOO Neo5」という5Gスマホがあり、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリー、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBが約42000円でRAM8GB/256GBが約46000円でRAM12GB/256GBが約51000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、オレンジ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、レーザーオートフォーカスなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS for iQOO)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”東京2020いよいよ今日からです。Samsung Galaxy Gold Partner of the Tokyo 2020 Olympics

Post 5G対応スマホの「vivo iQOO Neo5」とは? , published in a section 未分類 labeled: . Publication date: 23.07.2021, last updated: 23.07.2021. Subscribe to comments on article: コメントフィード.

Post a Comment