「日本の携帯料金は決して高くない」「iPhoneは世界一安い」

「日本の携帯料金は決して高いわけではない」。ソフトバンク孫正義社長が、2015年度第2四半期の決算会見で携帯料金に関する考えを明かしました。安倍首相の「携帯電話料金を見直すべき」との発言を発端として、それからというもの、「日本の携帯料金は高い」との報道が目立つようになりましたが、これに対して孫氏が反論した形となりました。「少なくとも日本のネットワークは、アメリカ(北米)よりもはるかに進んでおり、それをアメリカよりもはるかに安い料金で提供している。欧州の先進主要国と比べも、日本のネットワークは何倍も優れているのではないか」と孫氏は話しているのです。通信品質を考えれば決して高くないとの考えを示しました。また「世界でiPhoneを一番安く提供しているのが日本であることも、皆さんに再認識してほしい」と付け加えています。iPhoneの端末価格は、容量によっては10万円以上しますが、毎月の通信料から割り引く施策(ソフトバンクの場合は「月月割」と表現しています)がほかのスマートフォンよりも優遇されているのは周知の事実であり、安く運用できているのです。iPhoneについては、確かに世界一安く日本のユーザーは利用できているのは否めない事実といえます。
こちら

Post 「日本の携帯料金は決して高くない」「iPhoneは世界一安い」 , published in a section 未分類 labeled: . Publication date: 07.11.2015, last updated: 07.11.2015. Subscribe to comments on article: コメントフィード.

Post a Comment