スマホで車をハッキング「自動運転に不安」

国内の研究者が、ネット接続した自動車へのハッキングを試みる実験を実施しました。スマホを使って走行不能にできるという結果にツイッター上でも不安の声が上がっているのです。冷蔵庫や電子レンジといった家電さえもインターネットにつながっている今の時代です。将来的には自動車をネットを介して操作できる、ということもあり得る話でしょう。しかし、ネットと接続された乗用車がスマートフォンを使ってハッキングできることが実証実験で明らかになってしまい、それが物議を醸し出しているのです。広島市立大大学院の井上博之准教授(情報工学)が、インターネット接続機器を取り付けた国産乗用車を用意して、スマートフォンを使ってネットハッキングを試みる実験を実施しました。報道によると、遠隔操作で窓を開閉させたり、速度表示を変更したりできたのだということです。また、プログラムによって走行不能にすることも可能とのことです。国産車がハッキングできたのは今回の実験が初めてのことです。現在、市販されている国産車に、車を制御する内部システムとネットを接続するものはありませんが、場合によっては大きな事故にもつながりかねないですね。ツィッターでも反響よ呼んでいます。
 こちら

Post スマホで車をハッキング「自動運転に不安」 , published in a section 未分類 labeled: . Publication date: 23.12.2015, last updated: 23.12.2015. Subscribe to comments on article: コメントフィード.

Post a Comment